雨が降るから、部屋を片付けよう

 

f:id:violet0707:20180811223721j:plain

 

ずっと暑い日が続いていたというのに、本日は昼間から急に雷が鳴り出して、あっという間に雨まで降り出しました。

 

雨の日に仕事に行くのは、すごく億劫なのですが、休みの日は大歓迎。少しだけ窓を開け、しとしとと降る雨音を聞きながら、部屋を片付けたり読書したり。

 

 心ゆくまで、家時間を楽しみます。

 

今日は、本棚の中を見直してみました。

現在所有している本はここに入るだけです。

 

 

あまりスペースがないので、最近は極力、電子書籍で買うか、図書館で借りるようにしています。

どうしても手元に残しておきたい本だけ、この中に。

 

もし自分の家を持ったら、アガサクリスティ文庫を全巻揃えたいという願望があるため、クリスティ文庫は紙の本を買っています。ここにあるのは一部、実家にも少し置いてあります。

 

定期的に見直さないと、すぐに棚がいっぱいになってしまう極小スペースですが、今の自分には丁度いい。

 

元々、本が大好きなので、実家の部屋には大きな本棚があり、かなり減らした今でも沢山の本が並んでいます。

 

私は読書も好きだし、そもそも本が好き。学生時代は4年間、本屋でバイトしていました。

 

昔は「所有する」ことに満足していましたが、今は本を「読む」ことに価値を置き、出来るだけ「所有する」ことをやめました。

 

読書が好きな人にとって、本を減らすことは難しいはず。

でも、ちょっとした決まりを作れば、自然と数は減らすことができます。

 

 

私が心がけていること

 

◯スペースを決める

   実家で暮らしていた頃、私は大きな本棚を1つと、文庫を収納できる小さな本棚を2つほど部屋に置いていました。

   本棚が増えていくことが嬉しかったのですが、このままだと部屋の側面すべてが本棚すべて埋まってしまう。

 

  本が増える→収納スペースを増やす、のではなく、最初から収納スペースを決めて本の数を減らすようにしました。

 

 

◯2度、3度、読みたいと思った本だけを買う。

   定価で買った本も、1度読み終わったら基本は手放す。私はメルカリを使って、譲るようにしています。

   どうしても、また読み返したいと思うものだけ手元に残しています。

 

積ん読はしない

  買ったはいいものの読まずに、たまっていく積ん読

   私の統計上、積ん読は100%読みません。

  忙しくて読めずに積まれていく本。この世には、沢山の素晴らしい本が溢れています。忙しくて読めない、ということはあり得ない。本当に面白い本なら、寝る暇も惜しんで読む筈なので、積まれているならそれは今の自分が必要としていない、ということ。

 

  30ページ読んで面白くない本なら、潔く手放してしまうべきです。

 

〈片付け後〉

 

f:id:violet0707:20180811230409j:plain

 

 

 

漫画は漫画の棚へ、シリーズものは順番に。

 

背表紙が綺麗に並んでいるのを見るのは、本当に気持ちいいですね。

 
 

きっとレオンの人間性を好きになる

f:id:violet0707:20180808223447j:plain

見てから少し経ちましたが、いい作品だったので、個人的な感想を。

 

◆LEON

今さら?感がありますが、実は一度も見たことがなかった作品。1996年って、私生まれたばかりじゃないか・・・

 

高校生のとき、友達がLEONにハマって、飼い始めた子犬に「レオン」と名付けていました。それくらい根強いファンがいる印象です。

 

◯映画の世界観がおしゃれ。

始まりから漂う、独特の世界観。(こういうの大好きです。)

詳しいナレーションや説明が入るわけでなく、とりあえず見ろとでも言うような展開で始まります。

アメリみたいな雰囲気だなーと思っていたら、フランス映画なんですね。

 

◯登場人物の個性が爆発している

主な登場人物は3人だけ。

寡黙な殺し屋のレオン。

家族を殺されて復讐を誓う少女マチルダ

チルダの家族を殺したスタン。

 

チルダを演じるナタリーポートマンはとにかく美少女。多分マチルダ人気が、LEON人気に繋がっている気がする。

ボブカットに、チョーカー、片手にぬいぐるみ、片手に銃を持ってぶっ放すマチルダが、とにかく可愛い。

年齢以上に大人びたことを言うけれど、時折見せる幼さが、いいギャップを生んでいる。

 

スターウォーズでのアミダラ王女のナタリーポートマンも大好きでしたが、そのもっと前から、この方は素晴らしい演技だったんだなあ。

 

あとは、ゲイリーオールドマンの悪役っぷりが怖い。冷酷非道。演技だってわかってるけど、この悪役の憑依ぶりに心臓潰れそうになる。

 

レオンの魅力はあえて語ることなし。見ていただければわかるはず。

 

◯私が思わず泣いた2つのシーン

この映画、実は朝から見てたんですよ。朝ごはん食べながら。そして朝っぱらから泣きました。ええ、泣きましたとも。

 

まず1つ目のシーンは、

冒頭の容赦なく家族が殺され、弟の仇を討ちたいというマチルダのシーン。

 

自分にも弟がいるので、色々複雑な気持ちになり、マチルダの不遇さにうるっと泣いてしまった。

ちょっと大人びていてるにも関わらず、子どもらしく泣くマチルダの涙にこちらもほろり。

 

そして2つ目は、

クライマックスの、レオンが一緒に暮らそうというシーンですね。

そこでね、大人しく引き下がるマチルダではなく、「気休めはやめて」と言うのが、めっちゃいい。

 

全く同じこと思ってたからね、絶対ここで離れてしまったら、もうレオンに会えないんでしょってね。

涙止まらんかったですが、同じように泣きながら行くマチルダに、号泣しました。

 

だったら、もっと早くお金持って、二人で逃げたらよかったじゃんかよーと泣いた。

レオンがパパッとスタン片付けてくれてたらよーと泣いた。

 

それじゃ物語にならないってわかってても、思った。それくらいこの映画の、レオンとマチルダのことが好きになってた。

 

 

基本的に、悲しい映画って好きではないので、繰り返し見ることがないですが、LEONが素晴らしい映画だということは痛いほどわかりました。

 

違う世界線で、レオンとマチルダは幸せになっていてほしい。たくさんの植物に囲まれて、陽の当たるところで牛乳飲んでてほしいです。

 

そんなわけで私の中の評価は4.0/5

映画として、素晴らしいことこの上ない。

あと、少数精鋭の出演者でまとめられた作品にもかかわらず、LEONという映画へぎゅっとこだわりが詰められていて、深みがありました。

 

 

悲しい話だから、5.0にはならなかったけど、思い切って見てよかった作品でした。

最近見た映画と、日々のこと。

今日は朝の6時半に起きたあと、至福の二度寝をしたら、次に起きたのは8時半でした。慌てて起きて窓を開けると、久しぶりに涼しい空気。雨が近づいているそうですね。しばらくは洗濯物はできないなあ。

 

なぜか、今月は爆発したかのように映画をひたすら見ている。

ミッションインポッシブルを映画館で見たのを皮切りに、見たいと思っていた映画を片っ端から身始めてしまいました。

 

マリーゴールドホテル

   だいぶ前に一度見たけれど、そのときは全く興味が湧かず、途中で飽きてしまった映画。先日、リチャードギア目当てに2を見たらなかなか面白かったので、約3年の時を経て再び見ました。面白かった。

 

◯LEON

  すごく良かったので、今度感想書きます。

 

マンチェスターバイザシー

   いつもTSUTAYAで見かけるたびに、ジャケットのケイシーアフレックとミシェルウィリアムズとどんより曇った色彩が気になっていた映画。思い切って見てみたら、雰囲気もストーリーもよく、普通に泣いてしまった。話に起承転結があまりなく、ケイシーアフレックの演技が全て。


元妻のミシェルウィリアムズと会うシーンがいい、らしいですが、私には元妻の態度は、自分勝手に見えた。

自分が辛い時は相手を罵倒して、幸せになったら謝るって、都合良すぎないのか。それも含めて人間らしいのかもしれないけど。


あと、甥っ子が一緒に住みたいって言ってくれてるにもかかわらず、別々で暮らすというのはどうなんだろう。

最後まで、強くなれないのかと思ってしまった。私は自分自身が弱い人間だと思ったことはないけれど、現実に叩きのめされて弱ってしまったままの人もいるんだな、と。


もしケイシーアフレック扮する主人公の成長が見たいならこの映画の主題と違うから勧めれないけれど、このダウナーな雰囲気、淡々と進んで行く物語にじんわり心が溶けていく感じ、ふしぎな映画だった。


この映画は、ハッピーエンドじゃないけれど、始まりよりは幸せに終わる、話らしい。

確かに、元妻に許され、マンチェスターの街に少し滞在したことで自分の心も楽になり、甥っ子とも絆ができた。

でも、2時間も映画を見た結果、少しはいい感じで終わりましたって、物足りなさを感じてしまうんだ。わたしは。


最強のふたり

  フランス映画だということを後々知った。     フランス映画って後を語りたがらない印象。色々な解釈を重んじている国なのかしら。

  始まって10分くらいで、この映画たぶん私また借りるだろうなと思った。つまり凄く好きな映画です。


最後の、ドリスが笑顔で去って行き、引きで海が見えるシーンが美しかった。

 


そんなこんなで、最近は、今まで気になるなって思った映画を片っ端から見ています。


あと余談ですが、最近狂ったように物を捨てています。

己の断捨離ボタンをポチっ通してしまったらしい。

あと、もっとホテルライクなインテリアにしたいなと、改造中です。

8月にやりたいこと

8月にやりたいこと

 

社会人に夏休みもへったくれもありませんが、それでも8月って、やっぱり夏本番という感じで、わくわくします!

 

そんなわけで、今月のやりたいことをはっぴょうします。

 

◆ジョギング週2、筋トレ毎日

   習慣化し、2キロ痩せる!ぺたんこお腹を取り戻す。

 

   学生時代の痩せていた私、カムバックプリーズ・・・

 

◆代官山蔦屋書店へ行く

 

  こうも暑いとどこにも行く気がしないので、行く場所指定してみました。

 

◆海へ行く

 

  毎年必ず行っている海。今年も計画しました!

  水着着るためにダイエットしたいという気持ち。

 

◆サングラスをかける

 

   前の記事で書いた、お気に入りのサングラスで色んなところに行くぞ。

 

◆コートを買うための貯金をする

 

  夏の服が大好きなので、ついつい買い物したくなるけど、コート買わなきゃいけないんだ!と自制中。 トレンチコート買うぞ。

 

 

平成最後の夏だから、もっともっと、やりたいことをしよう。

憧れのサングラスを買いました。

f:id:violet0707:20180805132206j:plain

実は昔から、サングラスへの憧れがありました。

 

きっかけは、しいたけ占いでしいたけさんが

魚座は、マスク率とヘッドフォン率が高いのです。サングラス率も高い。」

とおっしゃっていたから。

 

冬場のマスク&電車ではイヤホンと本を常に装備しているのですが、もしやサングラスも、すごくいいのでは・・・ということに気づいてしまった。

 

それからというもの、完全にサングラスをかけたい衝動に駆られていました。

 

どうしても私の中でサングラスといえば、007のダニエルグレイグがかけているトムフォードのイメージが強くて。

あとは、丸いサングラスはレオンがかけているもの。

 

グラサンって殺し屋がつけるものでしょ?というイメージが先行して、なかなか思い切って、サングラスをかけようという決心がつかなかった!

 

だけど、実は、今年の誕生日を皮切りに、周りの目を気にせずに、自分の好きなことやっちゃえば?と思うようになりました。

 

例えばファッションとか、髪型とか、アクセサリーとか、周りを気にして周りに合わせたファッションって全然楽しくないんです。 

それは大学生時代に無限にあった時間の中で、色々なファッションを試した結果わかったこと。

 

お洒落だねと言われたくて頑張ってみても、本当のセンスって無理してできるものじゃないんだと気付きました。

最先端のファッションを頑張って取り入れても、何気ない白シャツとデニムコーデの方が、あっさりお洒落だったりする。

 

それって、その人のスタイルに合ったファッションだからだなあと。

だから私も、私の好きなものを着ればいいんじゃないかと。ある日突然、悟ったのです。

 

それからというもの、ファッションに対する考え方はガラリと変わりました。

出来るだけかぶらないで服を買うようにしていましたが、自分の好きな服ばかり着るようになった。

私はワンピースが好きなので、黒、ネイビーグレーのワンピースばかり着るようになりました。

母親からは、似たようなのばかり着てない?と指摘されますが、

これは膝丈でシックな黒。

こっちは、裾にレースの透け感がほどこされてセクシーに見える黒。

と、自分の好きを堂々と言えるようになった。そうしたら、他人からの「お洒落だね」という言葉を聞かなくても、自分の着る服が大好きになりました。

 

また、結果的に自分のスタイルが確立されたことで、「大人っぽいね」「かわいいね」と言ってもらえる機会が増えた!

 

 

なので、思い切って買ってみました。サングラス。遂に、運命の子に出会えた・・・

 

薄い茶色のフレームがレトロで可愛い。

 

ちなみに、買ってから毎日サングラスかけてます。ふらっとコンビニにもスーパーにもかけてます。サングラス生活、めちゃくちゃ楽しい・・・・


やりたいことやったもん勝ちだなあ〜としみじみ思っています。

 

 

小夏の小さな野望の話

◯密かな野望の話をします

先日ちょっとしたボーナスのお金を手に入れました。臨時収入って嬉しいものです。棚にしまっているお小遣い財布を見て、ついぞにやにやしてしまいます。

 

私はお金が好きです。(ワンピースのナミぐらい大好き)

昔から、バイトをし始めた遥か昔からお金をもらうのが大好きでした。

厳密に言うと、お金があれば、好きなことができる、好きなものが買える、自由になれる。だから、お金を稼ぎたい!

 

ホームという壮大な夢がありますが、最近、300万円貯金を達成して、少しモチベーションが下がっていました。

(自炊せずに、紀伊国屋で高いお惣菜ばっかり買ったりね・・・食費が高くてびっくりした・・・)

 

そんな自分に対して、何かエネルギーを与えれないかと思い、小さな野望に向けて頑張ることにしました。

 

オリエンタルランドの株を買う

株にはもともと興味がありましたが、あまり難しいこともわからないし何となく敬遠していました。

ただ私はディズニーランドが大好きなんです。小さい頃はディズニーのビデオを見て育った世代。アリエルに憧れて、幼稚園の頃は人魚になるのが夢でした。

 

東京に上京してからと言うもの、2ヶ月に1回はディズニーランド・シーに行っています。

今だにショーやパレードで、全力ではしゃぎます。

オリエンタルランドの株持ってるんだーって言いたい。その思いだけで、買うことに決めました。

 

オリエンタルランドの株っていいの?

まず1株あたり1万円以上します。基本的に特典のパークチケットをもらうには100株以上保有していないといけないので、100万円以上必要になります。

ちなみに100株保有で、1枚のパークチケットがもらえます(少なくなーい?笑)

あと数千円ですが配当金ももらえます。

 

長い目でみると相当な右肩上がりなので、銀行に入れるよりずっとお得のようですね。また2020年までに拡張が決まっているので、今後おそらく価値も上がっていくと想像されます。

 

た だ し

もちろん、絶対安全な株など存在しませんので、暴落する危険性も孕んでいます。

 

◯昔の自分なら絶対にしなかったこと

基本的に、ノーリスクノーリターンが私の性格です。

石橋もかなり慎重に叩いて渡るタイプ。なのに、株に手を出すなんて・・と思います。

 

だけど、なぜかコツコツと貯金ができている今、

少しくらい思い切ったことをしてもいいのかなと思います。

少しくらい損したって、損する覚悟がなければ、利益を得ることもできないのかなと。長い目で見て、少しは得できたらいいなあ!

 

というわけで、ちょっとした野望の話でした。

さ、コツコツ貯金しましょ♪

 

 

 

 

 

【感想】ボーンコレクター/ジェフリーディーバー

本の感想です。
基本的に、自己啓発本か海外ミステリー・SF小説しか読みません。ジャンル狭いんです。。。
ちなみに、めちゃくちゃ怖がりなので、おそろしいサスペンス系苦手なんですが、ミステリー小説って大体がクライムサスペンスにかぶってくるので、やむをえず読んでます。笑
 
基本的に、アガサクリスティーのミスマープルシリーズのような、のんびり推理小説ものが好きです。
 
そんな私の、ちょっとした感想。
インターネットでの評価などを調べて、読む本の候補を探すことが多いので、私の感想が誰かの役に立てればいいなと思います!
 
◯ボーンコレクター・ジェフリーディーバー

 

ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)

ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)

 
ボーン・コレクター〈下〉 (文春文庫)

ボーン・コレクター〈下〉 (文春文庫)

 

 

タイトルからして、怖そうなにおいがプンプンしていますが、羊たちの沈黙ほどサイコパスな犯人でもなく、セブンほど恐ろしい手口ではない・・・ので、思ったより読みやすい作品でした。
ちなみに、このリンカーンライムシリーズ、現在7作出ているそうで、なぜ今まで知らなかったのか不思議なくらい、有名な作品。
(ジェットコースタースリラーと評されているらしい)
 
今年は、ミレニアムシリーズに続き、面白い作品に出会えて、ミステリー小説豊作イヤーです。
 
[独断と偏見による]あらすじ
脊椎損傷により全身麻痺となら頭しか動せなくなった、リンカーンライム。元ロンドン市警で鑑識の天才と呼ばれた彼の元に、奇怪な殺人事件の解決依頼が舞い込んでくる。
若き美人巡査アメリアサックスに手ほどきをしながら、ライムとボーンコレクターの知恵比べが繰り広げられる・・・
 
上下巻あるのですが、あっという間に読めます。物語の展開が速い、速すぎる。
犯人が被害者を拉致して監禁する
ライムたちが捜査し、被害者の居場所を見つける
助けるor助からない
新しい被害者を拉致する
 
この繰り返しがひたすら続きます。
読みながら、いつ終わるんだろうと思っていたよ。
 
以下、この本の魅力的なポイント語ります!
 
◯完全なる安楽椅子探偵のライム
脊椎損傷により首から上しか動かせない主人公。抜群の鑑識センスを持って、事件の状況をもとに犯人を絞っていく様子は、かっこいい。かっこよすぎる。
 
また、ライム自身はこの不自由な体に嫌気がさし、自ら命を断とうと考えていて、その辺りは考えさせられました。
 
被害者が死んでいることを祈る、被害者のために
これは、この本の随所に書かれています。凄惨な現場に突入したアメリアの頭に浮かぶこの言葉。
ライムは、現職中の捜査現場で不慮の事故により全身麻痺になってしまうのですが、ライムは幸か不幸か生きてしまった。そのことに苦しみ続ける姿と、この言葉が重なってちょっと切なかった。
 
◯美人なのに影があるアメリアの「美しさ」
アメリアサックスという若手巡査にライムが色々と手ほどきし、現場に行けない代わりに自分の手足となってもらいます。
羊たちの沈黙クラリスのポジションですね。
車を思いっきりかっ飛ばして走るのが好きだいうアメリアに魅力を感じました。アメリアは最初、ライムに反発しているんだけど(彼が現場至上主義でやや優しさに欠ける所があるため)段々、ライムを理解し始めていく。
 
ちなみに、この孤独なライムとアメリアが、心を通わせたり通わせなかったりする、微妙な関係も魅力的なのですが、羊たちの沈黙をどうしても思い出しちゃうよ・・・
 
 
というわけで、★3.5といったところでしょうか。(意外と低い?)
非常に面白く、あっという間に夢中で読んでしまいましたが、「そう来たか〜」という驚きが感じられなかったかな。
でも普通に面白いので、ぜひ一度読んでもらい作品です。